So-net無料ブログ作成

今更だけどやっぱりHDV! [機材]

ゆいちゃんの卒園・入学を控えて、ビデオカメラについてちょっと検討。

世のビデオカメラはAVCHD方式でテープレスが全盛!って雰囲気になってる。

手軽に長時間録画できたり、編集のための取込みにかかる時間が大幅に短縮される部分は大歓迎なのだが・・・
実際にAVCHD方式でしばらく運用してみて困惑したのが、素材のバックアップ。
HDV方式だったら、取り込んだ後でテープを書棚にしまっておくだけでマスターが保存できていたのに・・・

AVCHD方式では「バックアップ」しないとマスターが保存できない。

メディアの保存性をメインに考えたら、現段階ではHDV方式以外に選択肢がないか・・・
その一方で、プロとして活躍している友人のHDV方式に対する評価は「クロッグが恐ろしくて使えん!」

確かに、このシーンは失敗出来ない!って時に0.5秒も映像と音声が欠落するってのは、ちょっといただけない。
卒園式とか発表会とかのここ一番って時に発生したら、もおガッカリです。
(過去にはそんなシーンもあった・・・)


で、色々と悩んで調べた結果、SONYが2年以上前に「ハイブリッド」という解決策を出していたようで。


テープとコンパクトフラッシュに映像を同時記録することで、テープによるアーカイブとファイルによる取扱いの手軽さを両立しようという考え方。

ただ・・・HDV方式(フォーマットとしては、ほとんど消えかけてるけど)が業務用メインとなっている今、民生カムコーダで「ハイブリッド」の恩恵を享受する事は、運用上厳しい。

幾度も検討を重ねた結果 HVR-Z5J + HVR-MRC1 の組み合わせに落ち着いた。
DSC04757.JPG

巷では”最後のHDV機”なんて囁かれている機種だけど、そんな事言わずにもう少し頑張って欲しいなあ。

でも、SONYさんはNXCAMの方に本腰入れてるみたいね・・・
タグ:HDV
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。